社会保険関係Q&A

Q.6月から育児休業に入りますが、休業する月に支払われる賞与から社会保険料は徴収されますか?

A,例えば、6月1日に「育児休業等取得者申出書」を会社に提出し、6月25日から育児休業等を開始した場合、6月分の保険料は会社負担分も本人負担分も免除されます。 そのため、6月に賞与が支払われたとしても保険料は徴収されません。ただし、「賞与支払届」には、育児休業する方の分も含み記載してくださいね。何故なら、被保険者期間として年金額に反映するからです。


Q.傷病手当金をもらっています。5月末で退職する予定ですが、退職後の健康保険はどうすればいいのでしょうか? また、退職後も傷病手当金をもらえますか?(5/15)

A.退職後の保険として次の3点が考えられます。

1.国民健康保険に加入する場合
離職の翌日から14日以内に市町村役場で手続き
・社会保険資格喪失証明書又は健康保険資格喪失確認通知書などの写し
・印鑑
   国民健康保険は、前年の所得で保険料が算定されます。

2.健康保険の任意継続をする場合
退職後20日以内に「各都道府県のけんぽ協会」窓口で手続き
・健康保険任意継続被保険者資格取得申請書

・配偶者等を被扶養者にする時は,(非)課税証明書添付。学生なら学校名でOK。
・印鑑
   2年間加入。納付期日厳守。

3.被扶養者となる場合
被保険者の会社で手続きをしてもらう
・健康保険被扶養者(異動)届
ただし、失業保険を受給中は被扶養者に入れない場合もあります。
任意継続の場合と国民健康保険料のどちらがお得なのか、ご自身でご確認の上、選択された方が良いかと思います。

現在、退職後の傷病手当金の受給を心配されていらっしゃいますが、退職しても傷病手当金開始日から1年6ヶ月の範囲内で、労務に服していなければ、継続して傷病手当金がいただけます。
従業員であった時は、会社の証明が必要でしたが、退職後は医者の証明だけでOKです。
ただし、失業保険をもらっている場合は、不支給になります。何故なら、傷病手当金は、病気のため労務ができないため支給されるものです。一方、失業保険は、働きたくても就労の場所がないため支給されるものです。支給目的が相反するため、両方受けることが出来ません。

    どのようなご質問でも受け付けていますので、気兼ねなくお尋ね下さい。